解体材で濡れ縁土台作り(前編)~空き家リノベーション#94【母屋中】

納屋解体に着手したのは1年半前の話。2階建ての増築部に直結されていたので・・・

続きを読む

いいさよ~ よってけし!

納屋解体に着手したのは1年半前の話。2階建ての増築部に直結されていたので 、庇になるくらいの屋根を残しておきました。

庇を支える柱は4本、これは土台に流用できる・・・ということで、久々の解体作業で納屋を完全撤去します!

DIA君
DIA君

久しぶりの高所解体作業、気を付けなよ・・・

じっこく
じっこく

もちろん、セーフビレイはやりますよ!

スポンサーリンク

庇の下はゴミの山

さて、懐かしの記事を引っ張り出してきました(笑)

そして、現在の姿は・・・

そう、半端な庇の下がゴミの山・・・

これを、チム兄に頑張ってもらって、ひたすら焼却します。

焼却は冬の風が無い日しか出来ないので、2か月ほど掛けて・・・

ここまで片付きました(汗)、 やっと解体作業に移れます。

解体は屋根から・・・

下から見ると、そこそこ野地板が入っている。

室内から見ても、やっつけ仕事感満載(笑)

久々に屋根上から、トタン、野地板をを剥いで行きます。

地味に釘抜きして、トタンを剥いで・・・

野地板を剝がすところで、足が割れた板にハマりました(笑)危ない、危ない・・・

野地板を剝がした所で、今度は下から解体します。

建物に固定されている柱を3箇所、切断して庇を浮かせます。

建物から切り離しが出来たら、介錯ロープを引いて、広い方に一気に庇を倒します。

あっさり、倒れました!

後は、地上でゆっくり釘を外して、使える材と廃棄する材に仕分けします。

解体材は濡れ縁の土台へ流用

建物側の隙間はトタンを継ぎ接ぎして処理し、しばらく雨天時の様子をチェックします。

室内側も、やっつけ仕事のまま隙間を閉じました(笑)

大分、イメージが変わりましたね~

トタンの外壁部は、トタンの上に桧材を縦張りする予定なので、トタンの継ぎ接ぎ部分は隠れます。

そして、仕分けした解体材で濡れ縁の土台を作りますよ~

これは、次回に後編で報告しますね~

ほいじゃーね!

(Visited 123 times, 1 visits today)

コメント