アルミドアの塗装~空き家リノベーション#54【サニタリー棟】

一般的なアルミドアはブロンズかアルミ色(シルバー)、そのままでは生活感が抜けないので・・・

続きを読む

一般的なアルミドアはブロンズかアルミ色(シルバー)、そのままでは生活感が抜けないので、艶消しブラックに塗装して見ました。

じっこく
じっこく

いい塗料が見つかったので、イメージ通りに塗れました!

DIA君
DIA君

塗装は下処理が大変だね・・・

スポンサーリンク

オススメ塗料は・・・

さて、前回作業は、ドアノブを交換して化粧板を入れたところで時間切れ・・・今回はアルミドアの塗装から。

早速、下準備に取り掛かります。

下準備はお掃除から、高温スチームを使って汚れを落として行きます。

今回用意した塗料は、ターナーのアイアンペイント(ブラック)、ホムセンでは軒並み売り切れで、アマゾンで購入しました。

アイアンペイントは塩ビ管などに塗って、素材をアイアンっぽく見せられるのが最大の売りですが、水性塗料の割にはキメが細かい上にノリが良く、細筆を使えば養生しなくてもいいのが助かりますね!

そんな訳で、取り敢えず、左側のアルミドアを塗り終えました。いつもそうですが、塗装途中写真は撮り忘れる(笑)

男子トイレ(中央)、バスルーム(右)までのアルミドアが塗装出来ました。

艶消しブラックがアルミっぽさを、少し緩和してくれましたね~

最後にドアノブ周りの化粧板をステインで着色して取り付けます。

DIA君
DIA君

生活感が少し消えたね。。。

バスルームの塗装は・・・

続いて、スタッフ用のバスルームはオシャレにしなくても、「小奇麗に清潔に」をモットーにします。

こんな感じの昭和スタイルを、備品をすべて取り除いた後に外壁と同じ塗料で塗り塗りします。

こんな感じ。

タイルは簡単に清掃しただけで、シーラーも塗らなかった為に大失敗・・・

マスキングテープを張っただけで塗料が剥がれてしまいます(泣) 、暇を見てやり直しです・・・

換気口はアイアンペイント(シルバー)で塗装しましたが、ブラックのようなインパクトはありませんね。。。

脱衣所の棚も朽ち掛けなので・・・

余り材に差し替えて塗装。右側に見えるお風呂のドアもステインで塗装しました。

男子トイレの壁も・・・

シルバーグレイに塗装しましたよー

麻ひもを巻いて見る

トレリスの固定用に買ってきた麻ひも。風合いがいいので、はみ出した梁に巻いて見ます。

こんな感じ・・・微妙ですね・・・

苦労して巻きつけた甲斐はあったかな???

サニタリー棟は床のタイル張りと化粧室の壁塗りが残ってますが、ここで一区切りとしますね。

そろそろ雨期なので、室内作業に戻る予定です。ジメジメ、激暑の山梨の夏がやって来ます・・・

ほいじゃーね!

(Visited 229 times, 1 visits today)

コメント