自作クラッシュタイルで装飾①~空き家リノベーション#76【窯場作り】

頂き物の平凡な10cm角のタイル、汚れもあるが割って使えば問題なさそう・・・

続きを読む

いいさよ~ よってけし!

頂き物の平凡な10cm角のタイル、汚れもあるが割って使えば問題なさそう。ということで、クラッシュタイルを自作して石窯を装飾して見ます。

DIA君
DIA君

市販のクラッシュタイルは、いい値段するからね~。

じっこく
じっこく

シート状にはなってないけど、裏技を見つけました!

スポンサーリンク

下地剤を塗って、窯の裏側から配列

石窯作りも、いよいよ最終工程になってきました。

WEBで検索すると、オシャレな石窯はどれもタイル仕上げ。

ドームの曲線部分にもタイル張るので、もちろん1枚ものでは浮いてしまいます。

当然、曲線部で密着させるには、タイルの表面積を小さくする必要がある。

市販にはクラッシュタイルという、割れたタイルがシート状にまとまった物があるが、結構なお値段・・・

それなら、自作してしまおう!!!

ということで、頂き物の薄紫のタイルを試しに割って見ます。

ゴムハンマーで叩くと簡単に割れるので、これなら、張り付けながら割る作業でも手間にならない。

その前に・・・

コンクリート部分にシーラーを塗っておきます。

シーラーが乾くのを見計らって、目立ちにくい窯の後ろ側から、配列して見ます。

スタートはこんな感じ。

市販の接着剤で張り付けて行きます。

接着剤は業務用を2本用意しましたが、全然足りませんでした。

仕上げの目地はグレー系をチョイス。

タイル張りの裏技を発見

まず、ドームの最下段だけ、直線部分のある割ったタイルをランダムに置いていきます。

目地の隙間は適当に5mm前後、空けておきます。

そして、タイルを割りながら、パズルの様に組み合わせて、固定していきますが、これだと時間がかかる・・・

特にアーチ部分や温度計周りは小さ目のタイルを張り合わせる地味な作業。。。

曲線部分も小さいタイルでないと、浮いてしまうので、とにかく時間が掛かります。

同じ姿勢の立仕事で何とか、いい方法は無いかと、試行錯誤していると・・・

1枚のタイルを接着剤で固定してから、割る方法を思いつきました!!!

写真のピンク部分を見て下さい。

1枚のタイルに見えますよね。。

よく見れば、周りはほぼ1枚のタイル。。。

そうなんです、1枚のタイルを張ってから、先の尖ったハンマーで割って、その後に目地分だけ隙間を空ける裏技を開発。

劇的に作業効率がアップしました!!!

2日目続く

アーチ部分は裏技が使えないので、こちらは地味な作業を続けます。

ということで、本日はここでタイムアップ。

完成まで、残りのタイル張りで1日、目地入れに1日の2日工程かな・・・

タイル装飾で大分、雰囲気が変わりましたね~

4ヶ月に渡る窯場作りですが、ゴールが見えて来ましたよ~

ほいじゃーね!

(Visited 102 times, 1 visits today)

コメント